忍者ブログ
【 学力 = 時間 × 情熱 × 効率 】   この黄金の方程式にしたがって、あなたの学習の情熱と効率を盛り上げることを目的としたブログです。 大学受験、中学・高校受験から日々の授業・資格取得まで幅広くご活用ください。

お気に入りに追加
最新コメント
ブログ内検索


フリーエリア
ブログランキングに参加しています。1日1回クリックしてくださるとうれしいです。
人気blogランキング

プロフィール
HN:
アージー
年齢:
29
性別:
男性
誕生日:
1988/02/24
職業:
京都大学理学部2回生
自己紹介:
 初模試2000位→最高33位まで上げ、京都大学に現役合格した「人造の天才」
 好きなことわざは『為せば成る 為さねば成らぬ 何事も、成らぬは人の為さぬなりけり』
 更なる飛躍に向けて日々精進中

全ページ、リンクフリーです。

日記:変な京大生の部ログ
書評:書評な部ログ
コラム:虎の巻
trackword
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

何色ものペンを使い分け、重要な部分はマーキング、さらにレイアウトにも気を使う、というように見やすいノートを作ることに命を賭けているような人がたまにいます。まことに申し訳ないのですが、それは無駄な行為です。

ノートを作るのに時間をかけるくらいなら、その時間を問題演習や復習に当てるほうがよっぽど効率的です。

時間は有限です。ノートとりのような本質的でない部分は極力省く工夫をする必要があります。

ノートをとるには赤と黒の2色があれば十分でしょう。 実際、私は大学でノートをとるのに黒のシャーペン1本しか使いません。重要な部分は線を引いたり、濃淡を変えたり、文字の大きさを変えたりすれば十分です。

要は後から自分が見て意味が分かればいいのです。ノートは人に見せて、そのキレイさを自慢するためのものではありません。あくまでノートは自分が見るためのものなのです。必要以上にキレイに書く必要はありません。

余談ですが、ノートを本気で手早くとる時には英語を混ぜます。漢字を書くより3倍は早いので。「定理1」と書くより「Theory1」と書いたほうが断然楽だし、時間の短縮になります。

BLOGGER
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
なるほど…
ノートに英語か…
私は英語が最大の得意科目なので、やってみます!
うたびと URL 2006/06/14(Wed)00:07:18 編集
>うたびと様
英語を入れると、ノートをとるスピードがかなり速くなると思います。
特に定理をTheory、定義をDef(Definition)・・・というように、よく繰り返される言葉を英語にするとだいぶ楽になりますね。
アージー URL 2006/06/14(Wed)08:30:35 編集
無題
英語が書けるって言うのがスゴイと思います。
僕は英語が苦手なんでムリっぽいです…w
けど、ノートは2色ですw
山ちゃん URL 2006/06/16(Fri)21:20:32 編集
>山ちゃん様
私も高1の頃は「英語でノートをとる」なんて考えられませんでしたよ(笑

山ちゃんさんも高3の頃には英語でノートを取れるくらいになっているはずです。頑張ってください!
アージー URL 2006/06/17(Sat)10:17:01 編集
無題
ありがとうございます。
山ちゃん URL 2006/06/17(Sat)20:18:25 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
(c)Copyright 現役京大生伝授の勉強法~勉強は技術だ!~ author:アージー.
designed by 現役京大生教授の勉強法~勉強は技術だ~ 大学受験
忍者ブログ [PR]
大学受験