忍者ブログ
【 学力 = 時間 × 情熱 × 効率 】   この黄金の方程式にしたがって、あなたの学習の情熱と効率を盛り上げることを目的としたブログです。 大学受験、中学・高校受験から日々の授業・資格取得まで幅広くご活用ください。

お気に入りに追加
最新コメント
ブログ内検索


フリーエリア
ブログランキングに参加しています。1日1回クリックしてくださるとうれしいです。
人気blogランキング

プロフィール
HN:
アージー
年齢:
29
性別:
男性
誕生日:
1988/02/24
職業:
京都大学理学部2回生
自己紹介:
 初模試2000位→最高33位まで上げ、京都大学に現役合格した「人造の天才」
 好きなことわざは『為せば成る 為さねば成らぬ 何事も、成らぬは人の為さぬなりけり』
 更なる飛躍に向けて日々精進中

全ページ、リンクフリーです。

日記:変な京大生の部ログ
書評:書評な部ログ
コラム:虎の巻
trackword
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「才能」は言い訳に過ぎません。

「自分は才能がないから・・・」こういう人間は、自分が努力していないことを正当化しているに過ぎません。

本当に努力している人間は必ず報われます。

それで報われないのはあなたの努力が足りないだけです。

「自分は必死に努力している」そう思う人間は、本当に成功している人間を見てみると良いでしょう。少なくともあなたの倍は努力しています。

確かに、あなたは努力しているかもしれません。しかし、1年前はどうでしたか?3年前は?5年前は?

成功している人間には過去からの積み重ねがあります。毎日10時間1年勉強している人間は、毎日3時間5年間勉強している人間にはかないません。

1日10時間勉強している人間は頑張っているようには見えます。しかし、頑張っているように見えるだけかも知れません。

本人は「必死でやっている」と言うでしょう。それでも報われないことに苛立ちもするでしょう。しかし、その人は過去を忘れています。成功する人間は「今頑張っている」から報われるのではなく、「今まで頑張ってきた」から報われるのです。


一方で、何の努力もしていないように見える人間がいます。しかし、それもまた努力をしていないように見えるだけであって、その背後には長い長い積み重ねがあります。

その人が悠々と生きているように見えるのは、努力を努力と思っていないすなわち当たり前のように努力をしているか、楽しんでやっているかのどちらかです。

たとえば、ジャッキー・チェンや柔道の谷 亮子選手は1日500回の腕立て伏せをするそうです。私たちからすれば気の遠くなるような数ですが、それを彼らは当たり前のようにやっているのです。

「楽しんでやる」ことについても例を挙げましょう。オリンピックに出て活躍する選手の中で、そのスポーツが嫌いだという選手はいないでしょう。それを楽しんでやっているから、努力を努力と思わないのです。時につらいこともあるでしょうが、それも含めて彼らはそのスポーツを愛しています。

だから「学ぶことを愛せよ」と言いたいところですが、それもなかなか難しいでしょう。ですから、まずは「才能のせいにしない」ことを心がけてください。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
(c)Copyright 現役京大生伝授の勉強法~勉強は技術だ!~ author:アージー.
designed by 現役京大生教授の勉強法~勉強は技術だ~ 大学受験
忍者ブログ [PR]
大学受験